MENU
スポンサーリンク

【クレ・ド・ポー ボーテ】ル・フォンドゥタン レビュー

飽き性の私はいろんなファンデーションを使いますが、こちらはかなりお気に入りです。

数あるファンデーションのなかでも、気合いを入れる特別な日には必ずこちらを選択しています。

目次

商品概要

メーカー : 資生堂
ブランド : クレ・ド・ポー ボーテ
容量   : 30g
発売日  : 2017/08/21
定価   : 33,000円(税込)
 
日本製
SPF20・PA++

公式サイトでの紹介文は、以下の通り。

別次元の美しさを追求し生まれたラグジュアリーファンデーションです。

肌にのせた瞬間から、うっとりするような贅沢な使い心地。

肌を美しく見せることはもちろん、今日よりも明日、さらにその先まで「肌そのものが美しくなる」ことを、至福の心地よさと共にお届けします。

ル・フォンドゥタン | クレ・ド・ポー ボーテ (cledepeau-beaute.com)

配合成分は、以下の通り。

水,ジメチコン,酸化チタン,BG,イソヘキサデカン,グリセリン,メトキシケイヒ酸エチルヘキシル,セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン,エチルヘキサン酸セチル,ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン,トレハロース,酢酸トコフェロール,ヒアルロン酸Na,(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー,ミシマサイコ根エキス,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,アセチルヒアルロン酸Na,イザヨイバラエキス,ポリクオタニウム-51,加水分解シルク,加水分解コンキオリン,パルミチン酸デキストリン,PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン,水酸化Al,ステアリン酸,EDTA-3Na,セルロースガム,パルミチン酸,ステアロイルグルタミン酸2Na,ジステアリルジモニウムクロリド,ポリメチルシルセスキオキサン,イソプロパノール,BHT,テアニン,テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン,テトラデセン,フェノキシエタノール,メチルパラベン,香料,酸化鉄,マイカ,合成金雲母

カラー

カラーは7色展開
(オークル00/オークル10/オークル20/オークル30/ピンクオークル10/ピンクオークル20/ベージュオークル20)

私はオークル10を使用しています。

イエベで少し色白な私には、黄ぐすみすることなく、白浮きすることなく、合っている色のようです。

写真は腕に出してみたところです。

テクスチャ

テクスチャはやわらかめです。

冬の乾燥している肌にも使いやすいです。

年を取るごとに乾燥肌が進行していく私にとっては、やわらかめテクスチャが有難いです。

伸びがいいので、1回分は少量でOKです。

やわらかめだからか、少し崩れが気になるときがあります。

特に今はマスクをつけるので、マスクの鼻のあたりにファンデーションが付きやすいですが、フェイスパウダーで工夫すれば問題ありません。

フェイスパウダーについては、後に記載しています。

仕上がり

ナチュラルな仕上がりです。

不思議なことに、肌のアラが全て消えないのに、適度なツヤ感があり、肌を綺麗に見せてくれます

気になる濃いシミ、ソバカスなどを消したい場合には、別途コンシーラーを使って隠すことをおすすめします。

先ほど腕に出したファンデーションを伸ばしてみました。

伝わりにくいかもしれませんが、仕上がりがとても綺麗なことが伝わるでしょうか。

薄い膜を張ったように、ツヤが出ています。

ファンデーションを塗った感じがあまりなく、素肌が綺麗な人に見えます

美容液成分配合

テクスチャも仕上がりも気に入っていますが、なんといっても一番気に入っている点が、メイク落とし後の肌が綺麗なことです。

これまで他のファンデーションでは経験したことがない感動でした。

他のファンデーションは、つけた後に心なしか肌が疲れているように感じることがあります。

しかしこちらは逆に、美容液成分配合だからか、ファンデーションをつけた後の方が肌の調子が良い気がします。

フェイスパウダー

私は仕上げのパウダーに、コスメデコルテのフェイスパウダー(ルースパウダータイプ)を使用しています。

カラーは「00 translucent」を使用しています。

ファンデーションもフェイスパウダーも、どちらも単体でかなり優秀なコスメですが、組み合わせも最高です。

相性抜群だと思います!

ファンデーションだけだとツヤ感が綺麗ですが、フェイスパウダーがあるとまた違った仕上がりになります。

こちらの組み合わせではセミマットになります。

コスメデコルテのフェイスパウダー 00 translucent だと、マットになりすぎないところも良いです。

そして仕上がりが綺麗で、格段に崩れにくくなります

マスクにファンデーションが付きにくくなります。

コスメデコルテのフェイスパウダーについては、また別記事でご紹介しようと思います。

比較

私は同ブランドのタンクレームエクラよりこちらの仕上がりの方が好みです。
(タンクレームエクラの方がカバー力があり、お化粧感が出ました。)

また、テクスチャはタンクレームエクラよりも、ややこちらの方がやわらかいです。

そして、やはりファンデーションを落とした後の肌の調子はこちらの方が良い感じがします。

総合

お値段の高いファンデーションで、初めて購入するときは勇気が必要でした。(笑)

しかしそれから2年ほど経ち、無くなったらリピートしています。

今はそれだけの価値を実感しているので、お値段にも納得です。

それでは、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク




よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子育て奮闘中の一児の母。
主に妊娠・育児中のあれこれや、大好きなコスメの感想などを記録しています。
もし皆様の参考になる情報があれば、幸いです。

ズボラな私なりに、
ゆるりと頑張ってブログを書いています。

スポンサーリンク

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる